くすみ、乾燥、日焼け、夏バテ、肌をキレイに見せるメイクテク。

マイステージの桑原です。

肌も”夏バテ”気味のこの時期に、疲れ知らずの キレイな肌に見せるには、

毎日の丁寧なお手 入れが肝心。さらにメイクの直前にも化粧水 をつければ、

ファンデーションのフィット感 が高まります。
46198120084257462a7cd6ec78b63ac9

メイク崩れを防ぐには”下地”は必須。スポンジ で抑えてフィットさせます。

ファンデーショ ンは”パール感”のあるものを使えば透明感のあ る明るい色に。

日焼けをしたら隠すよりも、見せるメイク を。

チークゾーンにゴールドパールの下地を 塗り、チークを重ねるだけで肌にマッチした メイクに仕上がります

忙しい朝でもできる”前髪スタイリング”を紹 介。”うねり”が気になるなら、ロールブラシに 髪を巻いてドライヤーを2秒あて、5秒熱を冷 ましてからブラシを抜くとまっすぐな前髪に 仕上がります。

“ぺたんこ前髪”はマジックカーラーで内巻きに してボリュームアップ。自然に割れてしまう 前髪は、根本を濡らして左右からドライヤー でブローしましょう。

前髪の”右分け”は、ミステリアスで女性らし雰 囲気を演出し、

“左分け”はエレガントで知的な 雰囲気を与えます。

さらに”ぱっつん”はキュー ト、センター分けはクールな印象に。

アナタはどっち?髪型の“右分け” “左分け”ぱっん?センター分け?

777

4240d123025bf12757648cc1ea4665c2

32450_1_800x0

IMG_5482

 

夏は紫外線で老化が加速する危険な季節

file257

クーラーの効いた部屋と暑い室外を行き来す ると、頭痛や肩こり、疲労感、むくみといっ た症状を伴う「クーラー病」を引き起こしま す

これは自律神経のバランスが乱れることが原 因で、

シワやたるみ、シミができやすい”老け 顔”や、

代謝が悪い”痩せにくい身体”に繋がり ます。

対策できるクーラーの使い方は、設定温度は 28度、冷風を直接当てない、

一晩中つけっぱ なしで寝ないこと。さらに適度な運動や湯船 につかって、

体内を温めるようにしましょ う。

残暑、enjoyしましょう


カテゴリー: ブログ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *